Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Profile
Comment
Archive
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
娚の一生

去年の夏に自店で購入。全3巻の作品。
そして、去年読んだコミックの中では、ぶっちぎりでピカイチの作品。まんが読んで「やばい」と思ったの久しぶりでした。
恋愛だの仕事だの、とにかく色々とくたびれて、
田舎にある、亡くなった祖母の家で暮らし始めた35歳のつぐみ(ここがもういいよね。少女漫画のヒロインが35歳とか。すごくいいと思うよ!)が、
祖母の葬儀の席で出会った(というか一方的にロックオンされた)51歳の海江田と一緒に暮らし始める、という、
「晴耕雨読的女一匹人生物語」、だそうです。(←1巻作品紹介より)
無茶な設定なのかもしれませんが、この年齢のカップルでその無茶はむしろウェルカムだ!というのは個人的な意見。
で、この海江田さんがまた、素敵なおっさんなのです。大学で哲学の授業をしている海江田氏、見せつけてくれるは変な包容力と、まだまだ現役のエロス。笑
こんなおっさんに「恋なので仕方ありませんでした」とか言われた日には頭のてっぺんにお花咲いちゃうよ!!
しかし、恋愛沙汰に関しては過去に散々いやな思い出があるつぐみは、海江田のありあまる愛情に、応えられたり応えられなかったり。
くっつきそうでくっつかない、学生よりも遥かにやきもきでタチが悪い恋愛を見せてくれます。笑
いい年こいて不器用な姿がとても愛しい作品。西炯子さん大好きになったよ。
というわけで、このあともうひとつ更新します☆

| まんが | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









Material by Night on the Planet
Template by NoIndex